入通院慰謝料とは

怪我の程度に差はあっても、交通事故に遭ったのなら入通院が必要になるのは間違いありません。そして入通院慰謝料とは被害者の方が被った肉体的や精神的な損害を賠償するものです。入院や退院後の通院を強いられた場合に該当します。長期に亘っての苦痛に耐える必要が生まれ、検査やリハビリで多くの時間を費やさないといけなくなります。これらの損害にあたるのが入通院慰謝料です。当然ながら入通院を強いられた期間や怪我の度合いによって金額は決められていきます。

 

そして大きなポイントになっていくのは、弁護士基準と保険会社の基準は大きく異なる点です。弁護士基準の方が圧倒的に高く計算されます。これは保険会社の都合が影響している結果となります。保険会社としては支払いを少なくしたいと思うからこそ、妥当な金額には遠く及ばない場合も少なくありません。そのため、入通院慰謝料を少しでも多く貰うためには、弁護士に依頼しての対応が望ましいといえます。

 

もちろん、被害者の方が自分で対応するのは可能であるものの、やはり専門的な知識を有していないといけません。保険会社はプロフェッショナル集団であるからこそ、あの手この手を使ってくるのはごく当たり前と認識すべきです。